ドクター

正しい知識が必要な中絶手術|事前に知っておいたほうがいいこと

どんなリスクがあるのか

医者

中絶手術を受けるとなれば、女性の体にとってリスクがあるというのは手術を受ける前に知っておいたほうがいいでしょう。その理由としては、最近の女性の中には中絶手術を受けるという重荷や罪悪感というのを感じない人が多いからです。ですから、正しい知識とリスクについては知っておいたほうがいいのです。手術の流れは、全身麻酔を行なってからソウハ法または吸引法によって中絶手術を進めます。これは、患者の意志で決めることはできず、医師の判断によって決められます。どうして医師が決めるのかといえば、患者の健康状態によって手術を決めたほうが体に負担を与えないようにできるからです。どちらの手術にしても、全身麻酔を行なった上で始めることになりますが、患者さんの体質やアレルギーなどの要因で呼吸が一時的に止まってしまったり、血圧が急激に低下してしまったりというトラブルが起こる可能性もあります。これは、全身麻酔を行なうことのリスクになるので中絶手術だけではありません。ですが、手術を受けるのなら知っておいたほうがいいでしょう。

他にも、手術を行なった際に子宮の中に胎児の組織を取り残してしまうことがあります。そうなると、術後に長期間もの間出血が続くという子宮内遺残というトラブルが起こってしまうこともあります。東京の病院であれば、こういったトラブルが起こらないようにしっかりとカウンセリングや手術を行ないますが、なんらかのトラブルが起こるというリスクに関しては知っておくべきでしょう。カウンセリングでは、こういったリスクに関する説明をしっかりと行なってくれますので、東京で中絶手術を行なおうと考えているのならカウンセリングに力を入れているところをおすすめします。東京の病院で評判を探せば、簡単に見つけられますのでネットで東京の病院を調べてみて下さい。